スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知ったかぶりとお詫びと「たわみ力」
正直に言いますと「板のたわみ」がどうゆう事であるか最近知りました。最近と言いましても昨日今日の事です。
雪上では皆さんに「板のたわみを推進力に変えて・・・」などとえらそうな事を言っていましたが、あれはスキー雑誌などの受け売りでした。知ったかぶりしてました。ごめんなさい。
しかし、最近になって「たわみの解放」を身体で感じ取れるようになったのです。うれしい・本物はすばらしい!!
「たわみの蓄積とその解放によって発生する力」=「たわみ力」を効率よく使えばSKIは殆ど筋力を使う事なくどこまでも滑っていけそうなのです。もともと上から下に滑り降りるSKIでは運動エネルギーは位置エネルギーとして外から供給されるので滑り手である我々は身体を支える筋力の他はほとんど必要ないのはずなのです。(体のバランスを維持する調整筋力は必要ですが)・・・滑走に必要な位置エネルーギーはリフトに乗って溜め込み、使い切ればまたリフトに乗る。斜面がどこまでも続くなら続く限り滑る事ができる。そう言ってもあながち言い過ぎではないと思っています。

雪上ではどうしても体感できなかった「たわみ力」は「カービングローラー」で知る事が出来ました。ローラーさんありがとう。
今では不幸にも知ってしまった「たわみ力」のすばらしさシンプルさの虜になってしまっています。もっと早く気づいていれば・・・そう人生を踏み誤っていたかもと思うとゾッとします。ハハハ

前回の練習会で新たな発見がありました。 
レンタルした10本のローラーの中にレンタル金具が装着された1本が紛れ込んでいました。(エヌ・ウエーブさんの策略か?) 乗り比べてみると全く異質なのです。狭い体育館内ではS字ターンが出来ません。大きくしか回れないのです。無理に回ろうとするとバランスを崩してOUT。そこでスペースにゆとりのある屋外の駐車場で操作してみるとなかなかどうして面白い。「たわみ力」が重厚な分ずっしりと身体に反応を感じ、重厚な分より慎重な重心移動を求めてきます。
通常の金具はセパレートになっていますが策略ローラー?は、ブーツサイズ調整をダイヤルで調整するために前後一体構造、ローラーのたわむ一番肝心なところを金属プレートで抑えてしまっているのです。つまりはたわみ難い構造になっています。
実際のスキー板との対比はなかなか出来ないのですが、誤解を承知で言うのであれば「大回り系の板」とでも言いましょうか。・・・いや違いますね・・・スイートスポットの狭いしかしスポットに入ればより大きな「力」が得られる。・・・まさに「教具」なのですね。
「教具」・・・この表現は受け売りです。カービングローラーのホームページに載ってました。

真実はそこにあるにも関わらず理解出来ずSKI界を彷徨いいたずらに騒いでいただけの自身と決別させてくれたのは「たわみ力」
エジプト文明の謎を一気に氷解させた「ロゼッタストーン」のようにSKIに対する迷信や思い込み、謎を解いてくれるのは「カービングローラー」
読み解くのは我々自身・・・誰もがシャンポリオン博士になれる日は近い。合掌
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

臨界点は切換えポイント
Divertidaさんへ

たわみ力=凄い事 と云われるDivertidaさんも凄い!!
知ってしまった今では「な~~んだこんな事か?」と思えるのですが、今日までの七転八倒・難行苦行の道のりを考えると・・・・うううう~~~
さてご質問の件ですが
これまた正直にお話すると「カービングローラー」はいち早く手に入れて練習してはいましたが、初期の段階では分かりませんでした。ノーマルローラーで色々と試行錯誤する中で「たわみ力」は突然やってきましたね。突然です。
ローラーとの出会いが無ければ私のあの当時の技術力(思考力)では生涯理解できなかったでしょうね。
ところでDivertidaさんはローラーの所持者あるいは経験者なのでしょうか? 
運動エネルギーのほんの一部で板をたわませそのたわみが臨界に達した時・・・何かが起きる。
「たわみ力」それはなんの飾り気も無い「シンプルな力」。
スキーヤーを極限のターンへ導いてくれる「力」
ちょっと内容が怪しくなってきましたね。

Divertidaさんも是非ローラーの体験をしてみて下さい。
運転手のジョージ | URL | 2007/12/14/Fri 18:26 [EDIT]
たわみ力を 理解する
たわみ力について・・・教えて下さい。
すごいことについて 触れている内容ですね。
管理人さんが たわみについて 理解されたのはその 硬いカービングローラーを使用されてからなんでしょうか? 実はそれまで感じていたのとは全く違うということですか?
Divertida | URL | 2007/12/14/Fri 12:33 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 相生銀嶺HP管理人の日誌. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。