スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スキー教師の責任
身につまされる内容でしたので紹介します。

スキー教師
http://homepage3.nifty.com/skis/ss_i/sy_lesson.htm


職業(有償)ボランティア(無償)に関わらず、

クラブ員やお客様の期待に答える責務があります。

新しいスキーヤーを生み出さないのであれば

せめて、いまスキーを楽しもうとしている人たちの

気持ちを萎えさせず、スキーの楽しさのその神髄を

伝え広める”責務”があります。

かつて私たちが、真っ白なゲレンデで説明の付けようのない

興奮と感動を覚え、転んでも転んでもまた立ち上がり

リフトが止まるまでスキーを楽しんだ、あの時の気持ちを

伝え広めなければなりません。

相生銀嶺スキークラブは

みなさんに、スキーの楽しさや素晴らしさを伝える事が出来ます。

・・・連絡お待ちしています。


相生銀嶺SC総会集合写真(2011年9月)



相生銀嶺SCへの
各種申し込みお問い合わせはこちらにお願いします。

ポチッと押して応援よろしくお願いします。
    ↓
にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 相生銀嶺HP管理人の日誌. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。