スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カービングローラー練習会in山崎 動画!



 今回参加された皆さんは、スキー経験豊富な方々でしたので、最初から「外向」「内向」を意識しての練習から始め最後には内向と外向をつなぐ「切換」まで進めてみました。

「コンパクトな切換」

これがなかなか難しい。・・・切換に手間取り規制されたコースを進めない。

カービングローラーの特徴①
雪上のようにズレないため少しのバランスの狂いがローラーの挙動に現れるので、より正確な運動が必要になります。

 一端バランスが崩れると修正に時間がかかり、切換のタイミングが遅れる。遅れるとコースからはみ出してしまう。
(雪上では下ぶくれのターンになってしまいます。)

そこで、今回の練習会では

①「内向」「外向」「左回転」「右回転」の組み合わせ4通りの適正ポジションを見つける。
②超低速でも維持できるようにする。
③速度を上げて、ターンに入った時の遠心力(床からの突き上げ)を感じる。
④床からの「突き上げ力」がどの方向から発生しているのか感じる。
 
 発生する力の方向が確認できたら「切換」の練習に入ります。

・・・コンパス理論により・・・

 体を支える軸線は内脚にあるが「突き上げ力」を含む「外力」に抵抗するのは外脚

外脚で感じる「突き上げ力」・・・発生する方向に外脚の力を緩めると「切換」が始まります。
緩める量や時間を調整することにより自在にターンを操る事が出来ます。

初速を上げるために背中を押しています。
 みなさんファーストターンは凄い内傾を見せています。

その後はどうか??

苦戦を強いられていますね!

各個人の分析は「カービングローラー愛好会」ブログに掲載しました。  
こちらもよろしくお願いします。


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 相生銀嶺HP管理人の日誌. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。