スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カービングローラーの比ではないけれど
名無しの権兵衛      名無しの権兵衛改良1

楽しくも苦しく、自分の能力の浅さを思い知りながら、行きつ戻りつ「時間」と「経費」がどんどん消費されて行く。・・・苦しくも楽しい「創造」の作業

名前はまだないこの道具・・・素材が「コンパネ」だけあって板と板が擦れてスムーズさがありません。
特に受動的な動きを大切にしようとすれば尚更なのですが、この道具が真価を発揮するためには「スムーズさ」がもっとも大切な要素です。
改良を重ねる事により、水に浮く花びらのようなスムーズな動きを目指しています。

カービングローラーの実証実験をしている最中にこんな時こんな道具があれば「ことばを百万言使わなくても体感してもらえるのに!」と思いついたのです。

実証実験に協力していただいているトラコさんはスキーをした事がない。・・・私が普通にゲレンデで使っている言葉が伝わらない。「外向」「内向」「後ろ荷重」「外足」「内足」「外力」「内力」「フォールライン」・・・・・私の何気ない言葉が全て「???」・・・当たり前の事なのですが・・・私には伝えなければならない事が沢山あるのに伝える言葉が見当たらないのです。

でも伝えるためにどうするか・・・身体に覚えさせる。・・・繰り返し練習する事によって「楽しい・うまくできた」と感じる場面があるはずです。「うまく出来た・楽しい」をどんどん積み重ねて行くしかないのかな~と思います。

技術や真理を探究するためには「言葉」は絶対必要条件ですが、雪上で楽しく他の人たちより格好良く滑る能力を身に付ける為には「ことば」は障壁になるかもしれません。
みんな考え過ぎなのです。「ターン前半は内向姿勢を維持しアンギュレーション角は○○度」・・・滑りながら分度器で角度を測らないと・・・
「バ~~んと行ってギュ~~ンとしてキューィーン」  でいいのではないかと・・・


カービングローラーでの練習ではあまり言葉は必要ありません。それなりに乗りこなせれば良いのです。乗りこなしている内に違和感が出てくる。克服する。常に新しい違和感と格闘し克服した時の「楽しさ・気持ちよさ」を積み重ねる。
その後は「バ~~んと行ってギュ~~ンとしてキューィーン」
 
現在「名無し」のこの用具も将来には凄い事???になっていであろう事を期待して改良を積み重ねていきます。・・・かつてのローラーのように
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

相生のスキー星人さんへ

そんな感じのものです。  できるだけ滑り抵抗のないようにしたいのですが
なかなか部品がなくて困っているんです。
銀嶺ジョージ | URL | 2008/12/09/Tue 17:38 [EDIT]
もしや
これは車の下にもぐるときに使うやつですか?
相生のスキー星人 | URL | 2008/12/05/Fri 20:29 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 相生銀嶺HP管理人の日誌. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。