スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラブレターを書いた事ありますか?
ふと立ち寄った書店でその文庫本と出合った。
涙が溢れて溢れて止まらず脱水症になるのではと心配するほどで、480円でここまで泣かされるとは・・・・
なんで涙が溢れたのか? それが上手く他人様には説明できません。
説明出来ないからこんな商売も繁盛するんですね~~
悲しくて涙が出たんじゃない。辛くて涙が溢れたんじゃない。 本の中に登場した人物と共感し共鳴し喜怒哀楽を共有したからだと思うんですね。

読み終えた貴方はきっと大切な人に「ラブレター」を書こうと思うでしょうね。僕と同じように!
便箋に向かって・・・う~~ん・・・「代筆屋さん」を探した方が早いかも

「代筆屋」 
辻仁成さん 幻冬舎文庫


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 相生銀嶺HP管理人の日誌. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。