スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初日が出ました
始まりは何時も雨・雨・あめ

午前中の滑走をあきらめた我々3人は、

『そういえばこの辺に「床瀬そば」というところがあるらしい、行ってみるか!』

ありました。山里?の奥深くに・・・4軒のそば屋を見つけました。

どのそば屋が良いのか?・・・近所の人に聞いてみることに

しかし、ご近所の方がいません。

途方に暮れ、世をはかなみ車を走らせていると、川向こうの畑にうら若きお母さんを発見

早速車から飛び降り「どこのそば屋が一番美味いですか?」と単刀直入に聞いてみる。

うら若お母さん「そりゃ~『谷間そば』さんですよ。わたしゃあそこしか行った事がないから!」

地元の人しか知らない重要な情報を入手した我々はすぐさま『谷間』さんへ

農家に少し手を加えた「谷間そば」の店内は、どこかなつかし雰囲気!

土間があって、縁側があって、仏壇があって、鴨居には必ず「天皇陛下の写真」とじいちゃんばーちゃんの写真が揚げられている。

全ての障子ふすまを取り除いたうえで囲炉裏が設けられている。

そばは美味いし、やまめの塩焼きもうまいし、熱燗も美味かったな~~

『谷間そば』のこずゑさん曰く「明日は予約で一杯で、今日きて下さってよかったです。」

我々は幸運でした。!


さてさて午後からは主目的の「スキー」

小雨の中午後券(¥3000)を購入しゲレンデへ

半年振りの雪上スキー・・・一本目はやはりおっかなビックリ!

しかし、カービングローラーの地道な練習の甲斐あって2本目からは、いい感じで滑る事が出来、

我々の初日は「大金星」になりました。

uP神鍋人工ゲレンデ






スポンサーサイト
またまたついに買ってしまった。
     new-ski.jpg

古から
①知り合いからのお下がり
②中古品
③インターネットでの試乗板
④ネットでの怪しい新品
などなど、正規ディラーからの新品購入はあまり経験がない。   


シリアルナンバーが削り取られていたり、キャンバーがなかったり、金具がさびていて転倒したときに解放せず骨折してしまったりと、ダークサイドから手に入れると必ずといって良いほど事件事故がつきまとう。

この度は某有名スキーショップから正規ルートで購入した。
(経営者はダークサイド系ではあるが・・・)

メイドインJAPAN「OGASAKA keo’s RS」  なかなか格好いい!! ではないか・・・

滑りが落ち着く事を願って止みません。

買ってしまった


何年ぶりだろう、スキージャーナルを買った。

         スキージャーナル12月号

かつては年間購読し、隅から隅まで読みふけっていたのに・・・である。

おまけDVD+別冊+本体で1200円・・・少々高価な買い物になりました。

どうして1200円の投資をしたか???

きっと寂しかったんだと思います。・・・シーズンin間近に控え(巷では初すべりの情報が飛び交っているようですが)行きそびれている自身を不憫に思ったのかも知れません。


でも、ヘルマンマイヤーが引退する記事を読んで驚いたり、上村愛子さんのバンクーバーに賭ける思いに触れたり、リッチーベルガーのDVDを楽しんだりと、良かったです。
次号も買おうかな・・・


ちなみに20年前のスキー雑誌はこんな風でした。インパクトありましたね・・。

可能性は無限大
         こてさほちゃんです
あまりに可愛いのでおかあさまの了解を得てブログに載せます。

お名前は「こてさほちゃん」です。 

 かつて相生銀鈴SCに所属し、将来を嘱望されながらも、よき旦那さまとめぐり合い、相生を離れ今は東京で暮らしている「こてちん」の愛娘「さほちゃん」です。

久々に相生に里帰りしマー君家に遊びにやってきました。

さほちゃんの笑顔を見ていると夫婦仲もよさそうだし、こてちんも東京で幸せに暮らしている事が想像できます。(わたしの希望的観測でありますが・・・)

機会が訪れるならまた一緒にスキー滑りましょうね。 それまでにさほちゃんを立派なスキーヤーに育て上げてくださいね。
宍粟市秋の花火大会


                 10月30日宍粟市秋の花火大会

行ってきましたよ~。 夜の7時から30分間に1000発の花火が打ち上げられました。

ずし~~~んと響く打ち上げの振動・地鳴りにも迫力ありました。

発射基地に一番近い橋上で見ていましたが、よかったですよ。

来年もこの時期にした方がよいかもです。


Copyright © 相生銀嶺HP管理人の日誌. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。