ニュージーランド旅行記(その4) Mt.OLYMPUSは最高(NZ)
2007/9/13・・・6:43
 ホテルに届いたFAXでMt.ハットは強風のため閉鎖とあった。
 ゲレンデのリフトが危ないのではなく、道中での落石が危険らしい。あの稜線道路では致し方ないですね、無理に通行すれば上から車が降ってきそうです。しかし、メスベンの街中は昨日と一緒で無風快晴なので残念。
 皆で途方にくれていると7時ころスキーエクスプレスのエージェントがホテルに現れ「今日Mt,Huttは閉鎖されたのでクラストチャーチの市内観光に案内します。」と言ってきた。
ここでYESと言ってしまえば滑走日数が減ってしまう。ハットが無理なら他の場所は無いのかとエージェントに詰め寄る。(エミちゃんよく頑張りました。ありがとう。) ホテルにあるパンフレットなどを見ながら色々と相談して一日270ドルのツアーにたどり着く。
送迎リフト昼食付きで270ドル(24000円/1人)結構高い。
ヘリスキーで相当出費が増えているので高○さん渋る。○谷・○田は模様眺め。僕はスキーさせ出来れば少々の負担は・・・でもそんな声を出せないでいると、レ○○イが「折角ここまでスキーに来たのだから行きましょう!」その一言で決する。
すばらしいレ○○イありがとう。新しい世界を切り開くのは女性に頼るところ大である。
 早速エキスプレスの担当者に手配をしてもらう。
17時30分にはクライストチャーチよりオークランド国内線に乗るため迎えがくる。絶対に遅れないようにと念を押される。
遠山の金さん   ホテル前   護送車(日産サファリ) 
9時10分ブラックダイヤモンドツアーのMr.サイモンとMs.フェザーが迎えに来る。
見るからにあやしい・・・日本でいえば「遊び人の金さんとお銀ねーさん?」の風貌でこのまま山岳地帯に連れて行かれ大麻草の栽培を強制させられるのかと心配になりました。
ともかく山に向かって出発しましたが、どこのゲレンデに行くのか聞きもしないし、教えてもくれない。(やはり強制労働が待っているのか・・・・)
 初日に行ったヘリ基地への道中と対岸の砂利道を90kmの速度で爆走。 砂塵を巻き上げ幌馬車のように・・・
どこにでも羊が・・・   335.jpg   三ツ星ホテル
風が出てきた、雲行きも怪しくなってきた・・・・天候が心配   地図を見る限りでは「Mt.OLYMPUS」に向かっているようだ。羊の群れに遭遇 毛を刈られ血がにじんでいる。
途中の豪華ホテル?前でトイレ休憩。 一泊20ドル(素泊まり) ここからがさらに道は狭く車が一台通る広さしかない。 行き交う時はホテル備え付けの無線機でゲレンデと交信しながら通行を行うルールがあると聞く。
倉庫兼無線所   おやじさん   Mt.オリンパス
 1時間程度で到着できると聞いていたが約2時間のサファリ遊覧の末Mt.オリンパスに到着。 駐車場もなきに等しく5台か6台がやっとという感じでどうやってスキー場の経営が成り立っているのか不思議でしたが、遊び人の金さんの話を聞くと(正確には金さんがしゃべりエミちゃんが通訳した話によれば)Mt.オリンパスは75年前に有志が切り開いたスキー場で(敷地は国などから借り入れているらしい) 仲間が労力とお金を出し合って少しずつ整備して今日に至っているとの事。
年間150ドル出せば誰でも会員になれるらしく、会員になったら労役も付いて来るとの事。我々のような一元さんはそう多くは訪れないらしいが、日本のフェローツアーと遠山の金さんは提携しているらしく日本人のお客さんも稀に訪れるらしいです。
Mt.オリンパス   Mt.オリンパス   Mt.オリンパス
ゲレンデは・・・幸せながらゲレンデと言える物は存在しません。・・・自然の雪山があるのみです。
設備は・・・レストラン兼事務所兼倉庫兼山小屋が一棟とナッツクラッカーという専用器具を使うロープトーが3本あるのみで、日本で見かける腰掛リフトはありません。
腰ベルト装着   ロープトー   ハーネス
このロープトーは世界でもここだけにしかないらしくお銀ねーさんも自慢していました。
そのお銀ねーさんから腰に装着したナッツクラッカーの取り扱いの説明を聞く・・・初めてみる妙な道具に戸惑うが、当たって砕けろ・・・ナッツを砕く道具に似ているのでこの名が付いたらしい!・・・ 
 銀嶺美女軍団最初の試練に立ち向かうもたいそう手こずる。なかなかロープにクラッカーを固定できず終点まで進めない。克服しない事には滑る事が出来ない。眼前には手付かずの雪山が広がっているのに・・・ふと『蜘蛛の糸(芥川龍之介)』を思い出してしまいました。ロープトーの終点には極楽浄土が広がっていると思えるのに早く登ってみたいな~~!・・・お尻をおして押し上げる訳にも行かず・・・その方が良かったかな~と浅はかな自分とカンダタと重ね合わせていました。
怪鳥!!   ナッツクラッカー   満足度120%
なんとかロープが切れる事無く全員一本目を登り切る事が出来たものの、ロープにクラッカーを確実に固定できないため手で直接ロープを握り締めようとして軍団のわき腹が相当汚れてしまいました
75周年おめでとう   おやじさん   リフト券
一本登った所にある山小屋でリフト券を貰ったり「お茶」をすすったりしながらと次なる試練に皆、戦々恐々としている。・・・最初のロープトーより急勾配で長い斜面を登り切る事が出来るのか?・・・滑り降りるためには先ず登らねばなら無い事を思い知らされた・・・山小屋の全てはセルフサービスでみんな無料(コーヒー・紅茶・水・湯・スキムミルクや食事までもが)ではなくリフト料金に含まれているらしい(リフト料金75ドル?)
ロッジ内   ビーコン   
山を独り占め   356.jpg   勇姿 
一滑一滑が名残惜しい。5人全員が最高の評価を出している。 日本のゲレンデでは決して味わう事の出来ない経験(滑走・道中)・・・270ドルも惜しくなかった。・・・・・かな

教訓
・ヘリスキーも楽しいがスキーで「苦楽超越」するにはMt.オリンパスに行くべし
・ビーコンの装着は必須です。海外では“自己責任”が明確です。
・スキーは移動の手段である。
・次回のMt.OLYMPUSでは2~3泊しましょう。
・ツアーガイドさんには少々無理も言いましょう。きっと叶えて貰えます。
・クレジットカード決済日のレートにはご用心・・・

スポンサーサイト
ニュージーランドSKI旅行記(その3)
ここより先は自己責任  ゲレンデ案内1  銀嶺一派

7:45  ホテル前に大型バスが迎えに来る。街中の主だった10箇所ほどの所に止まりお客さんを乗せていく。予め切符を持った人が殆どであるが、中には現金払い(往復で$40?)をする人もある。ほとんどは単独行動者で、日本人も12人ほど乗り込んだがそれぞれ若者の単身者ばかりで、私たちのような団体(と言っても5人)は居なかったです。
バス内は補助席も含めほぼ満席となる。メスベン~~ハット間 約26km
運転手はピアーズ(piers)さん(ハリーキャラハン刑事に良く似ていましたね!) 
8:10にはハイウエーに出て100kmで走行。 
天候:快晴 無風 雲一つなし。
カンタベリー平野  ゲレンデ案内2  ゲレンデ周辺

Mt、HUttへの道路は砂利道 道幅は大型バスがゆっくりと交わせる程度、路面は結構整備はされてはいるものの道には柵もなければ、路肩の表示もなし。切立った崖上をバスは高速で飛ばしていく。キャラハン刑事の腕の見せ所と言いたいのですが谷底に落ちれば助かる確立はゼロ%。
山岳道路3  山岳道路2  山岳道路1

8:50ころスキー場の駐車場に到着、空いてはいるものの絶対スペースが狭いですね~~。 トップシーズンはマイカー制限でもあるのでしょうか? 
帰りのバスの時刻は3時と4時15分出発。ゲレンデガイドも兼ねるピアーズさんは、3時まで役得としてゲレンデで滑りまくるらしいです。うらやまし~~。
リフト安全バー  ゲレ食  道程

憧れのMt、Huttのゲレンデ状況は本当にすばらしい。日本で言えは2月頃の湿気の無いよく締まった状況です。お客さんも少なくボーダーも含めゲレンデ内で立ち止まる人は皆無。
最先端の用具  ワールドワイド1  さすがNZ


日本製1  日本製  送迎バス

ゲレンデではGS・SLポールをセットしてタイムアタックや大会が行われている模様。JAPAN・KOREAチームも他の欧米チームに混じりトレーニングしています。
いざMtHUttへ  駐車場  MtHUTT風景1

日本人スキー教師も数人見かけましたが、皆プライベートレッスンで日本人(?)のお客さんがついているようです。また、日本人スキーヤーも数人見かけましたが、日本人独特の滑り方で滑っているのですぐに判ります。私にとっては見慣れた滑り方なのですが、NZでは“異質”に映りました。小回りしているのはその人たちのみ!!・・・きっと「小回り」という表現は日本人のみに通用する“言葉”なのだろうと思いました。
おおらかNZ  ワールードワイド  オガサカを履く大和撫子

日本人以外のスキーヤー・ボーダーは共に良く飛ばします。腰を引きながらもスピードと格闘する事を楽しんでいる様子で、我ら銀嶺チームも知らず知らずのうちに「スピード教」に仮入信したようです。
面目躍如のミニ三脚  みなさん  ゲレンデ2

ゲレンデ内での食事:
聞いていたほどゲレ食は込んでいません。晴天の今日、テラスは混んでいましたが屋内はガラガラです。食事はめっぽう美味いしいし大満足なのですが、食事に欠かす事の出来ないbeerが$5.6(小々ビン)もします。  
ゲレ食回りには最新の板がずらりと並び、各国のレースチームがしのぎを削る現場の臨場感を肌で感じる事が出来ました。
ゲレンデ1  ゲレンデ  Mtハットリフト

16:15定刻にバスは出る。  またもや超デンジャラス 逆ルートでホテルに無事到着
MT.ハット山頂1

夕食:TheLogeというレストランで夕食をいただきました。昼間は閑散としているのにどこからとも無くお客さんが沸いてきて店内は満員です。慎重にオーダーし満腹になった後「ビリヤード」で大いに盛り上がる事になりました。
ビリヤードの遊び方(NZ方式) コイン$1を機械に投入、玉が出てきたら時間無制限 日本のように一人あたり時間制限などありません。結局$2で90分ほど楽しんでしまいました。他に待っている外人さんがいたがあきらめたようです。(ごめんなさい。こんな場合のエチケットはどんなもんですかね?) 




ニュージーランドSKI旅行記(その2)
IMG_0078.jpg  IMG_0077.jpg
ヘリスキーに出発する前にメスベンとその周辺を現地で貰った地図で紹介しときます。
ヘリSKI会社の社屋  ヘリski会社にてクレジットカードで支払いを済ます。  レンタル店inメスベン
2007.9/10 生まれて初めてのヘリスキーを前に早朝より目が覚める。
8:00ホテル前にお迎えがくる。 ヘリスキー事務所がどこにあるのかと思えば、宿泊ホテルから歩いて2分の所にあった。$700(≒¥58000)をカードで支払い これまた歩いて2分の別の店でファットスキーのレンタル($40)もしました。全てはメスベンの街中でそろいます。すばらしい街です。
NZ郊外の風景1  NZ郊外の風景  ヘリ基地より遠望
雄大な自然をご覧あれ。日本とは植生が違うのでしょうね。目に映る全てが「新世界」です。
ヘリ基地  先遣隊を見送る  今から出発wakuwaku
メスベンより1時間30分かけてヘリ基地に到着 
ヘリ基地ではビーコンの説明や注意事項を聞く。万一雪崩に遭遇したときの対処方法やゾンデ棒を使っての仲間の捜索方法などを教わりました。
他に2組(8人?)のお客さんがいますが外人さんばかりで、「NZスキーは日本人が半分はいますよ」という前評判は外れました。
ヘリの特等席  ???  ヘリ機内  ヘリコプター  ははは  ヘリski 4
ヘリの搭乗は快適。アクロバット的運転はなし。カナダでヘリを経験したK本さんはアクロバットサービス?で怖い思いをしたらしく、今回も内心ヒヤヒヤしていたらしいのです。S谷さんも同じくカナダで経験があるらしいのですが、「恐怖」の感じ方に性差は無いと思いたいのですが・・・この現実を見ると・・・
ちょっとしたヘリ遊覧を楽しんでいると程なく切り立った畳1枚か2枚ほどの場所に下ろされる。良くもこんな所に着陸できるものだと関心。下ろされた後周囲を見渡せば、一方はこれから滑り降りる雪面が続き、もう一方の斜面?・・・斜面じゃなかった、切立った垂直壁(高さにして80~90m?)以前観た映画「バーティカル・リミット」を思い出してしまいました。
ヘリski 1  滑った痕  ヘリski 2  ヘリski 3  バルガルブーツinNZ  バルガルブーツinNZ
ここで銀嶺美女軍団とともにNZにやってきた“バルガルブーツ”を紹介しましょう。
アルペンガイドのチャックさん  CIMG1169.jpg  昼食風景
ヘリスキーは現地のガイドと一緒に行動しないと出来ません。我々だけで自由気ままに滑る訳にもいきません。ガイドさんはお客様である我々の足前や体調を考慮しながらコースを選択します。決してその日の気分でコースを選んでいるのではないのです・・・仕事です!
ガイドのチャックさんはNZ人でありながら日本語ができます。 奥さんは日本人で今は東京在住です。 日本が冬になれば北海道に移り二人で山スキーのガイドをやっているそうです。奥さんとの馴れ初めは、日本のどこだったかな?忘れましたが、英語教師として赴任した所で知り合ったそうですよ・・・・・ 奥さんいなくて寂しくないですか? 「こちらにも彼女がいるから大丈夫」「????」・・・これ以上は聞けませんでした。 日本の婦女子の皆さん、海外人には気をつけましょう!
催し中  板傷つく  ヘリとビール
大自然の懐に抱かれて
$40のレンタル代金を節約して$40のリペア代金を支払ったK本氏
定番「スキーの後はビールだぜ!!」

本日の教訓
○ガイドさんの言う事はしっかりと守るべし。
○街で出会ったガイドさんの言う事は信ずるべからず。
○誰もいない雪山を存分に堪能すべし。
○ヘリの予約はしっかりとやっておくべし。
ニュージーランドSKI旅行記(その1)
ICパスポート    NZ航空98便   機内食

2007.9.8
 いよいよNZに向けて出発の時が来ました。中華航空機が炎上したり尻餅をついたりと航空機の事故が頻発し台風も接近していただけに少々不安な気持ちになっていましたが、前払いした費用惜しさに渡航を決意したのでありました。
N田さんのパパが姫路駅に迎えに来ていただき明石市経由で関空へ。今思えばN田パパさんの優しい行動は「うちの可愛い娘をたぶらかしているSKI仲間の顔を一度見ておこう、あやしい奴ならその場で成敗してやろう」・・・ご心配には及びません「スキーバカ」に他人をたぶらかす知恵はありませんから!!
車内ではF本さんの新パスポートで盛り上がりましたが、一番気になる顔写真は個人情報ということで見せてもらえませんでした(残念)。
12時に姫路を出発し14時30分には関空に到着 ニュージーランド航空98便の出発時間18時30までには相当待ち時間があり昼食をしたり免税店を覗いたりと時間をつぶしました。転寝をして目が覚めると待合には人が溢れておりました。機内は満席のようですが自由席でなくて良かったです。つり革を持ちながらのフライトは出来ませんからね!!・・・一度で良いから「ファーストクラス」に乗ってみたいですね。NZ航空では「プレミアムエコノミー」というクラスがあるらしくエコノミーに5万円ほど追加すればより快適に旅が出来るそうです。・・・とは云うものの「エコ活動」に徹する我々としてはそんな選択はできませんでしたが。
機内ではお客さんの口封じのためほどなく機内食が出てきました。結構美味しかったですがこの時すでにS谷女史はNZでの新生活の事を考えて、食器類を溜め込み始めていたそうです。えらい

朝日    NZ上空
どこの領空かは判りませんが朝日が・・・・とっても綺麗ですね。程なくNZ上空に差し掛かると、山には雪が・・・南半球にやってきたのですね~~~!!
そしてまたまた機内食(朝食)の登場です。(これまた美味い。)朝からビールを・・・飲み食いしている時は静かな私でありました。

クライストチャーチ空港   ひつじさん

2007.9.9
時差2時間のNZ・どんよりとしたクライストチャーチの空港に無事到着しました。空港の外には人影まばらです。現地時間7:00(本国では5時です)時差ぼけが既に始まっています。
迎えに来てくれた添乗員さん(ブルーパシッフィックツアー)の説明によるとニュージーランドは以下のとおりです。
  国土の面積 日本の3/4 人口400万人(静岡県と同じらしい)  ヒツジ7000万頭
 クライストチャーチはカンタベリー平野の中にあるそうです。
道路での速度規制は 100km/hrが基本 従いまして移動時間は日本に比べ遥かに速いです。
メスベンリゾートホテル  ブルーパブ  メスベン町並み(板塀)

クライストチャーチからメスベンへは1時間程度で到着しました。何せ一般公道100kmですからね速い速い。         
メスベンリゾートホテル この界隈では一番のホテルです。
昼食を採る為に街を散策 町並みはすごく良い感じです。・・・しかし僕の田舎同様、人が居ません。
みんな山に出かけているのでしょうか? 人口400人らしい?(添乗員さん談)
ヘリスキーに行きたいと要望すると$795(5ラン)・ファットスキー($40)の手配を即座にしてもらえました。
ただし、天候の都合で決行日が初日となってしまい、NZ最初のスキーがヘリとは準備不足かなーと一同心配する!!

メスベンの町並み(おやじさん)   メスベンの町並み(風力発電?)   メスベンの街並2

昼飯:町並みの割には沢山のレストランがあるが、なかなかどこに入るか決めかねる。やはり会話力がそうさせるのだろうか?
ブルーパブで食事を始める。 ファストオーダーはやはりビール。大きさを聞かれ戸惑っていると、見本のグラスを持ってきてくれました。NZ人は優しい人ばかりです
メスベンの街並1   メスベンの街並(案内板)   メスベンの街並(資料館)

夕食:セルフルームサービスで夕食です。街中のマーッケットで物資を仕入れて来ました。(物価は日本より安いですね)
部屋では急ごしらえの“仮設テーブル”を囲んでNZ初夜の晩餐が始まりました。
メスベンの街並4   メスベンの街並3   初日の晩餐

本日の教訓
・長期になる海外旅行は気の合う友達と行くべし
・更にその友達のお父さんも厳選すべし。
・機内で出た備品(食器など)は上手く利用すべし。
・ツアー会社の担当者には「ダメ元」でも一度は懇願してみましょう。何とか なるものです。
・レストランでの注文は慎重に・・・出てくる量が半端ではありません。しかし出てきた物は残さず食べましょう。エコ活動です。
・無いものねだりをせず身近にあるものを活用し荷物を減らすべし。

次回はヘリスキーに挑戦です。お金は掛かりましたが・・・どうなる事やら・・・乞うご期待


国破れて山河あり
20071022233236.jpg NTT.jpg

ニュージーランドの清算が訪れました。
再確認するのが怖いですが仕方ありません。
渡航費が約30万円(保険料込み)・小遣い約2万5千円・その他はクレジットカード頼み
NTTさんにも相当持ってかれてますね。
あと1月もするとシーズンイン・・・銀嶺キリギリス軍団は冬を越せるか?・・・羽振りのいい蟻さんを早く見つけないと・・・
未だ時差に悩んでおります。
帰りの車内です 日本に帰る機内にて メスベンの街並み



日本とニュージーランドの時差は3時間 NZが進んでいます。
NZの夜の23時は日本の20時・・・・そう8時頃には眠たくなります。
そして朝の目覚めは早い。
「早寝早起きは3文の徳」でいい事なのですが他の皆さんと呼吸が合わない事もしばしば。
友達からは「時差」ではなくて「老化」では?と疑われています。

遅ればせながら、○田さんのお父さんには関西空港まで送迎していただき感激しています。
特に、○田さんとお父さんが運転席と助手席でフレンドリーに会話されている光景を見るにつけ『しあわせ感』を感じてしまいました。う~~ん、うらやましい!!
また帰道では高速道路の渋滞に巻き込まれたり、後部座席の○本さんのイビキに悩まさながらも、優しい笑顔を絶やさず我々を送っていただき、ありがとうございました。
次回もよろしくお願いします???。ん?   次回はスキー一緒にやりませんか?  
銀嶺の会員になるという選択肢もありますよ!!

帰ります
20070915052822
赤道を越え9000KMの飛行の後、故郷にかえります。めずらし物や体験にもいっぱい出会えたけれど、故郷に優る所はありません。
オークランドの夜はBUNGYで暮れる
20070914201423
バンじーに挑戦! 30分粘って結局引き下がる えみれいはやる気満々 無理なものは無理なのでした
NZの最終日
20070914092637
オークランドの向かいにあるダベンポート ビクトリアマウンテンにフェリーで行っています。山頂に登れば雪があればいいのに あるわけないじゃん!登りは不得意です。 明日早朝JAに帰ります。
MT.OLYMPUS!は世界最高水準
20070913140736
NZ.SKI最終日 MT.HUTTは強風のため閉鎖。ツアー会社はクライスチャーチ観光を進める。我々はねばり腰で掛け合いクラブフィルドSKIツアーを予約。270ドルの価値があるのか半信半疑。ナッツクラッカーは世界でここだけのロープトー。ヘリスキーより価値があったと銀嶺美女軍団の高い評価を得ました。次回のNZには MT.OLYMPUS!を一番に訪れたいと思いました。
Copyright © 相生銀嶺HP管理人の日誌. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈